唾液の量を増やせば口臭予防は可能

唾液の量を増やせば口臭予防は可能です。唾液の増やし方ですが、基本的には水分を良く摂取すること、よく噛んで物を食べること、舌を左右に動かすこと、この三点が有効です。舌の付け根には唾液の出る部分があり、そこを刺激することでも唾液は出ます。また、脳内の反射を使った方法に、すっぱいものを食べている時を想像するやり方もあります。たとえばレモンや梅干を食べている時を想像します。唾液が出たらしばらくは飲み込まずにそのまま口の中をうるおしましょう。しばらくは口内環境を適切な状態に保てます。唾液は口臭予防だけでなく、その機能から虫歯や歯周病の予防にもつながりますので、口臭に悩む方もそうでない方も、唾液の分泌を意識して毎日過ごしましょう。

タグ

2014年1月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエット日記

このページの先頭へ